田村薬品工業株式会社

研究開発

一般用医薬品から医療用医薬品の
受託開発、共同開発をサポートします

研究開発部門では、創業以来受け継いできた経験、実績を活用しつつ、刻々と変化する市場のニーズに対応する新たな技術の開発にチャレンジしています。

製剤開発

固形製剤では流動層造粒乾燥機、錠剤コーティング機やカプセル充填機、液剤では高圧乳化機などの試作設備を保有し、製剤設計から工業化研究まで一貫した製剤開発を行っています。さらに、独自の製剤技術開発にも注力しています。

主な業務内容

  • 市場調査
  • 商品企画
  • 処方設計
  • 製剤化検討
  • 分析試験法検討
  • 安定性試験
  • 医薬品・医薬部外品の製造販売承認申請業務
  • 工業化検討
  • 製造移管

分析試験

医薬品の承認取得に必要な試験法設定や安定性試験、バリデーション及び承認申請資料作成などの業務を行っています。また、超高速液体クロマトグラフィーなど、新規の試験機器を積極的に導入し、高精度かつ迅速な試験法開発に取り組んでいます。

開発可能な製品

  • 医療用医薬品
  • 一般用医薬品
  • 医薬部外品
  • 健康食品、清涼飲料水

開発可能な剤形

  • 内服固形剤
  • 内服液剤

治験薬製造

開発・技術センター内に、治験薬GMPで必要となる環境を備えたエリアを設置しています。治験薬製造施設では、フェーズに応じた治験薬の受託製造を行っています。

主な業務内容

  • 処方検討
  • 製造条件検討
  • 治験薬製造
  • 治験薬包装
  • プラセボ製造
  • 安定性試験
  • 分析法検討

製造可能な剤形

  • 錠剤(素錠、フィルムコーティング錠、糖衣錠、OD錠)
  • カプセル剤
  • 散剤・細粒剤・顆粒剤

製造可能な包装形態

  • PTP
  • SP(3方シール)
  • 瓶・プラスチック容器