田村薬品工業株式会社

事業内容

健康と元気の創造に向けて、私たちTAMURAができること。

SOLID FORMULATION LINE

多様化するお客様のニーズに、万全の姿勢でお応えするために、田村薬品工業ではつねに最新鋭のシステムを導入し、錠剤、顆粒剤をはじめとする各種の内服固形剤を生産。徹底した製造管理体制により品質・安全性の高い製品を皆様にお届けし続けています。

LIQUID BOTTLE LINE

日産数量700,000本という日本で屈指の製造能力を誇る800bpmドリンクラインに加え、中小製造数量にお応えできる200bpmドリンクラインを併設。800bpmドリンクラインについては医薬品・医薬部外品のみならず清涼飲料水などの製造にも幅広く対応しています。

受託製造

国内の大手メーカーを中心に海外メーカーに至るまで、多種多彩な医薬品・健康食品等の製造を受託しています。医薬品については、すべてのラインが適正製造基準「GMP」に適合しており、厳しい品質管理体制のもと、取引先様の声を活かしたオリジナル商品の開発に日々努めています。

医療用医薬品

医療機関での診察を経て、患者様に発行された処方箋によって調剤される一般経口剤を中心とした医療用医薬品の製造ノウハウを蓄積し、安定供給体制も構築しています。

一般用医薬品

田村薬品工業では、栄養ドリンク剤から風邪薬・胃腸薬、さらには健康食品に至るまで、自社ブランドの一般用医薬品開発も積極的に展開。多岐にわたるラインナップとその有効性で、お客様から非常に高い評価をいただいています。

研究開発

創業当初より蓄積してきたノウハウを活かし、製薬に関する新しい技術の開発にも余念がありません。独自の技術を駆使した治験薬などの開発はもちろん、医薬品分析においては新規の試験機器を随時導入。高度化する市場のニーズに真摯な姿勢でお応えしています。

海外展開

市場における国際競争が激しさを増している昨今、国内での事業で培った製品開発力・生産技術力をベースに自社製品の東南アジアなどの海外市場への投入を進めております。今後はOEMも含め海外市場に向けての独自製品の開発にも取り組み、会社成長の原動力の一つにしたいと考えています。